潮

前の続き。 大潮(おおしお)というのは一日の干潮満潮時の差が最も大きくなる日。干潮時は非常に海面が下がり、満潮時には大きく上がる。干...

朝、見には行く

朝、見には行く

5月16日土曜。朝から仕事。でもどうしたもんか。連日同じ台を打っているが、それなりの設定臭い。ちょっと浮気しようかな。ってことで、それを。...

研鑽しようか

研鑽しようか

前の続き。 ヒトラーから、歴史から、目を背けているだけだ。臭いものに蓋をしているだけ。まずは直視しないと、その先へ進むことができない...

言葉狩りは許さん

言葉狩りは許さん

規制は不要、の続き。 表現の規制には断固反対。これは言葉狩りだ。障害者は障害者。「がい」を平仮名で書く必要はない。「支那」も「三国人...

同じ台で

同じ台で

5月13日水曜。朝から仕事。据え狙いで。 トリプル G11238 B42(268) R27(416) (合成163) +165...

規制は不要

規制は不要

前の続き。 うーん、でも、2次元の世界に逃避する奴もいるし、難しい所だな。あれ?何の話だったっけ?ああ、歴史解釈と表現の自由の話だ。...

日記に戻るか

日記に戻るか

ぼちぼち実戦日記でも書くか。管巻きと昔話だけだとスロッカス諸君が読まなくなるからな。いや、ゴミはここを読まなくても良いんだけど。ま、日記だ...

歴史の修正

歴史の修正

前の続き。 結局のところ、歴史なんてのは、後世の人間がどう評価するか、だ。正義は不変ではない、その時々の解釈に拠る。だから、客観的に...

体感機・その17

体感機・その17

その後は片っ端から店回り。出入り禁止も覚悟で。もうこの時は長く使おうとか思っていなかった。このウエスタンヒーローって台は元々人気のない台だ...

精神の高揚

精神の高揚

前の続き。 俺が思うに、本多忠勝の晩年は抜け殻だったんじゃないだろうか。家康の家臣、57回の出陣でかすり傷一つも負わなかった、蜻蛉切...

真の自由

真の自由

スポーツは憂さ晴らし、の続き。 元に戻そう。スポーツで闘争心の憂さ晴らし、別に、それが悪いとは言っていない。いや、むしろそれで良い。...

体感機・その16

体感機・その16

日当2万行かないぐらいの台で、基本的には平打ちと時短中の止め打ち、そこに体感機を使って日当を上げる、みたいな感じだね。止め打ちには寛容な店...

特有の高揚感

特有の高揚感

平和はつまらない、の続き。 それにね、戦争にはそれ特有の高揚感ってのがあるんじゃないかとも思う。俺は運動会の騎馬戦や棒倒しなどで擬似...

体感機・その15

体感機・その15

それと、この機種は一般電役なので、確変なんかはない。なので、常に止め打ちをすることになるから、目立つし、ばれやすい。店員の動きや周りのチェ...

平和はつまらない

平和はつまらない

前の続き。 そんなもん、つまらないに決まっているんだけど。簡単に言えば、平和は、つまらない。例えば、小説ならミステリー、これが大受け...

植民地支配は当然

植民地支配は当然

戦国も戦前も同じ、の続き。 時代が違うとか言う奴がいるが、戦前の頃だって帝国主義の時代、強国ならどの国も植民地を世界中に持っていた。...

体感機・その14

体感機・その14

よって、リーチがかかるゾーンを狙って打っているだけで、本来190分の1の大当たり確率のところが、51分の2に跳ね上がる。 勿論、いく...

スポンサーリンク
336280
336280