【慶良間紀行・9】ニシバマ

ここは素晴らしい色をしたビーチ。眺めているだけで満足出来る。ビーチの幅は狭いが長く、さらさらの砂。対岸に見える島々も良い。透明度も非常に高い。

ただ、砂地が多いので、シュノーケルする為にはそれなりに奥の方に行かないとならん。魚や珊瑚の数も多い方ではないか。遊泳区域も一応決められている。どちらかと言うと、ここは、のんびり眺めるのが良いと思うよ。

近くに展望台もある。多少上るのに苦労はするが、上からニシバマを見渡せる。これは見る価値あり。頑張って階段を上ってくれ。

船は1445発、まだ時間はある。昨日泳いだ阿嘉ビーチへ。連れは二日酔いで堤防で寝ていたからな。それに今は干潮時、海中の景色も違うだろう。

魚も昨日と同様、結構大きいのがいる。深度は浅くなっているから、珊瑚も間近に色鮮やかに見える。海亀もいた。悠々と泳いで、草を食っていた。全然逃げないんだね、御陰でゆっくり観察出来た。

海亀と一緒に泳げるなんて、なかなかレアなんじゃないか。それも、こんな港のそばで。慶良間の海は素晴らしいな。運も良かった。連れが発見してくれるまで全く気付かなかったんだけどね。

(続)


ニシバマ。

この色よ。

ニシバマ海中。良く見るヒトデ。

珊瑚は沖合の方に沢山ある。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP