世界史が無難

大河ドラマや小説、信長の野望なんかの関係で、小学生の頃からとんでもないマニアになる奴がいるのが日本史。それと比べると、世界史ってのは、余り接する機会がなくて、高校生位から皆一斉によーいどん、って感じで始めるので、そこまでの差がない。

だから、日本史と世界史、どちらを選ぶべきか、となれば、絶対の自信がある奴だけが日本史を選ぶべきで、そうでないならば世界史にすべき。実際の入試問題のレベルを見ても、日本史の方が遥かに厄介。

裏返して言えば、日本史を塾で習おうとか、愚の骨頂。だって、自信がある奴ならば自習で十分にやって行けるし、その方が遥かに効率が良い。塾に行かなければならない様な成績しか取れないなら、日本史選択ってのが抑々間違っている。

こんなイメージを持っていたんで、日本史が一番ニーズはないだろう、と高を括っていた。自分自身そこまで好きでもないってのもあって、要は、準備が手薄な部分。

それなのに、沖縄の現状では、世界史よりも日本史の方の履修を学校で勧められている為に、そっちにニーズが寄る。高校の戦略ミスだね、はっきり言って。文系の実績を上げたいなら、絶対に世界史に力を入れるべき。

何をぐだぐだ言っている、って話だが、嫌いな日本史の準備が必要って事よ、簡単に言えば。で、一応はある程度作ったけど、こう見直してみて、本当に細かい。

(続)


阿波連ビーチ。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP