泡沫話・6

箱の中は舞台と、普段の現実とは、意識の中で分けているんだろう。だからこそ、本名を伝えた、本当の自分を見せた相手が、それを軽んじて来るのは許せない、って所か。

いや、最近こんな事があったって愚痴を聞いただけで、忘れたのは俺じゃない。が、げらげら笑って相槌を打ちながら、だがその名前をどうしても思い出す事が出来ないのだが、何とか逆鱗に触れずに上手く聞き出す方法はない物だろうか。諸君の知恵を求む。

似非フェミニストとか、女のこう言う所をもっと深く研究すべき。女性に対して社会がこうあるべきだ、こんな事は誰でも言える事。なぜこう言う現状があるのか、その深層心理には何があるのか、まずここを良く研究しないと。

そこに目を瞑って男女平等、全然分かり合えない、って。こう言う、つまり風俗だけど、これを悪しき社会風習とか非難する前に、まず直視すべきだね。なぜ風俗があるのか、なぜ売る奴がいるのか、その心境はどの様な物なのか。

前川さんの様に、地道に身銭を切って実地研究すべきよ。って事で、俺にも税金支給して?こう言うNGOでも立ち上げようかな、貧困の女性を救う会。この実地調査なら、経費で落ちるよね?

(終)


ここからの写真が、大体、渡嘉敷島のパンフレットに載せられている。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. マツシマ より:

    面白かったです。
    実地調査、必要ですよね?