メランコリー・サマー・5

自慢風で自虐ではある。自分の売りを分かっていないって、結構やばい。しかもこの年で。本来はこれを利用してがんがん行かないとならん。が、何か、気が進まない。ネットでやれやれ言われているのに、何か月放置しているんだ、ってね。

こう言う使えなさも含めて俺だから良いか、なんてのが言い訳。欠点が見えない人間には逆に人も寄って来ないもんなのよ。飲んで酷い醜態を晒してこそ、人間。御互いの弱さを曝け出す事で、初めて分かり合える。

上記の様な、調子に乗った文も、ね。これで失敗したら、皆、ざまあ、とげらげら笑える訳で。失敗に同情されるとか、こっちも屈辱。寧ろ、指差して笑って欲しい。

すんなり成功するのも、まあ、余り面白みはないけど、それはそれでそんなに悪くもないし、派手に失敗したなら、持ちネタになって最高。両面待ち。

やる事が多くて憂鬱な夏だが、やらないとな。こんな風に書く事で漸く自分を鼓舞出来る、この格好悪さ。これも持ちネタの内。別に、明日から心を入れ替えて、なんて気は毛頭なくて、多少、新しい事も面倒がらずにやるか、って程度。

実際、準備の為に仕方なく色々と動いてみたが、結構さくさく捗った。って事で、まだ完成していない詰めの甘い所で、飲み始めて、こう。偶にはこっちも書かないといかんからね、心の健康の為にも。飲んで管巻かないと、精神衛生上良くないので。

(終)


渡嘉志久ビーチ。こっちは宿が少ないので人も少ない。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP