甲類焼酎・2

金宮はちょっと癖がある。大樹氷の方が紅茶その物の香りを邪魔しないので良い感じ。甲類にも違いはあるんだな。色々飲み比べしてみる必要ありかも。

紅茶で作った氷を使ってロックにしているが、溶けても香りが立たない?凍らせる事で何か成分が変化してしまうのか。普通の氷でだんだん味が薄くなって行くよりはまだましなのだが、氷にするなら良い紅茶は勿体ないな。

無糖の午後の紅茶は安いから、これで作るのが良い。アールグレイは高いから、氷にするのは損。中々、実際にやってみると試行錯誤があるもんだ。実験をしている気分。

甲類焼酎のレビューでもあれば、と思ってネットを探したが、あんまりない。そりゃそうだよね、こんな安酒を一生懸命飲み比べる変態も中々いない。割物に使う物だし、これをロックで味比べとか、普通はやらないから。

仕方ないので、自ら試すしかあるまい。でも、甲類は大体ペットボトルで売っていて、でかいんで、そうそう減らない。だから、自らレビューして行くにしても、かなりスローペースになる。

味比べの為に売っている甲類を全種類買って来ました!とかやったら、半年分位の量になりそうだ。良くないね、置いてあると、「飲まなきゃ」みたいな変な義務感が発生するし。

って事で、今後ちまちま、新しい甲類を飲んだらここでメモして行こう。

(終)


阿佐の集落の北のビーチ。穴場。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする