甲類焼酎・1

紅茶割を飲む為に酒が欲しい。泡盛はやっぱり癖がある分、割物には向かない。甲類焼酎、ホワイトリカーとも言うが、それを買いたい。

甲類焼酎は2回以上蒸留しているので、元の原材料の癖がない。アルコールその物とも言えるので、そのまま飲むのは勧められないが、その分、割物に向いている。

いや、これをストレートでぐびぐびやる様になったら、愈々俺も新たなステージに移行かな、と思う。後戻り出来ないステージだね。後は地獄モードへ一直線。ドヤ街ではこれがスタンダードだろうが。まだそこまでじゃない。ひよっこ。

甲類の有名所だと、チョンの真露・鏡月、ペットボトルの大五郎や宝焼酎。こんなのスーパーでいくらでも置いてあるだろ、って、ねえぞ。真露・鏡月は置いてあったが、思ったよりも値段がする。大五郎は?何でねえの?3リットルぐらいのペットボトル、定番じゃん?

やっぱり泡盛なんだな。「かりゆし」って安い泡盛のでかいペットボトルはあったが、甲類はない。これがかなり安いもんだから、大五郎とか売れないのか。取り敢えず、サンエー・かねひで・りうぼうにはなかった。マックスバリュはまだ見てない。

ホームセンターには沢山あった様な記憶があるから、そっちに行くべきなのかも。取り敢えず、スーパーに置いていない位、沖縄では甲類焼酎は人気がない、と言う事だ。

仕方ないので酒屋へ。こちらには流石にあった。大五郎はなかったが、それなりに甲類は揃っていて、結局、大樹氷と金宮を買って来た。よし、これで紅茶割。

(続)


座間味島。干潮だった。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. ばし より:

    今日買い物に行った時に近所のマックスバリュの酒売り場を覗いたら
    さすがに大五郎は無かったですけど、イオンブランドの
    「焼酎」と書かれた男らしいラベルの甲類焼酎が4ℓで1700円で売ってましたね

    んで、そこそこ売れてて残り数本って感じでしたよ

    後、LEEの30倍はさすがに置いて無かったですね
    一番辛いので20倍でしたね

    • 毒鼬 より:

      4ℓ1700円は相当安いな。大樹氷は2.8で2000円ぐらいしたから。味が問題なければそれを買うべきだ。

      20倍は定番メニューでどこにでもあるからなあ。情報有難う。

  2. なつ より:

    西成ど真ん中のホルモン屋では確かにコレでした。
    ワンカップのラベルを剝がしたコップに表面張力まで注いでくれます。@200程度。
    朝からコレとホルモン1皿120円に、タッパに入ったサービスの一味をスプーンで鱈腹ぶっ掛けて皆ご機嫌になっていました。
    この店(名前は忘れました)今、思い出せばウチナーんちゅがかなり客として多く、地元を捨てて20年以上とかばかりで、方言は忘れて、完全に関西訛りですが、帰る時には必ず、「先なろーね」「帰ろーね」って帰ってましたわ。覚えてるもんなんですね。

    ただ、似たようなというか、故郷と同じような所に集まるんですな。

    • 毒鼬 より:

      ストレートですか?甲類は20度か25度が殆どなので、せめて氷は欲しい所です。俺にはまだ無理な世界みたいですね。

      大正区にはかなり多いと聞きましたが。多分「帰ろうね」は標準語だと思っているんじゃないですかね。

      距離の関係もあるのかも知れませんが、今でもこちらから内地に行く人は関西が多い様ですから、綺麗な所には馴染めないんでしょう。

PAGE TOP