垂れ流し・3

・左小指

少し前だが、キーボードの配置を弄った。windows resource kit toolsって奴のremapkeyで自分の好きな様にキーを配置出来る。

windowsのキーボードは、マックの配列と比べると本当にうんこ。ホームポジションの時の親指にある、無変換、変換、かな辺りのキーが特に役立たず。日本語と英語をしょっちゅう切り替える俺としては、左上の半角全角キーとか、遠過ぎ。

やったのは、無変換キーを英数に切り替えるだけの専門に(IMEオフの機能を割り振った)、かなキーは日本語専門に。左小指にあるキャップスロックはバックスペースに。

文字を消すなんて、打ち間違いはしょっちゅうある訳だから、それが右上とか、絶対間違っている。隣の¥キーを押してしまって、ああああ、ってむかつく事、良くあるよな。

ただ、左小指を酷使する結果になって、ちょっと痛い。後、左小指と言う余り動きが良くない部分に、タブ、バックスペース、シフト、コントロール と言う4つを任せる事になったもんだから、ちょっとミスが多い。ここは慣れかなあ。

キーボードの配置を変えるソフトは色々ある様だけど、一部、windows 10と相性が良くない奴もあったりするみたいだし、windowsのオフィシャルであるこのresource kit toolsremapkeyが安心。動かす時に右クリックで「管理者として実行」ってのを忘れずに。そうしないと変更が無効になってしまう。

パソコンと向き合う日々だし、ここは少しでも快適にして行かないとね。


阿嘉島の港。静かな島。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする