【管巻き0314・1】ブラインドタッチ

メモ書きが減らんので、どんどん消化。

最近色々と打ち込む機会が多くて、特に英字で、スピードが全盛期に戻った。ここで書いているからブラインドタッチの腕が極端に鈍っているって事はないんだけど、英文は余り打っていなかったからな。

必要ならすぐに戻るもんよ。元々、ブラインドタッチ自体3日で覚えた。やらないとどうしようもない環境に放り込まれると、結構何とかなるもん。友人の一人がSEになった時、右も左も分からない状態で放置されたらしいが、数か月後には何とかなっていたし。

このスピードなら仕事もあっという間、の筈なんだけど、酒が入るから大して進まない、って問題点は未だに残っているが。後、まだ体の方が付いて来ないのか、左手の指があちこち痛い。左の薬指や小指を酷使する機会は日常ではないからな。

今までは設定なんかもデフォルトだったが、効率性を上げる為に細かく弄って快適になった。こう言うのも、必要だから初めてやる、ってね。今までにもやって置けば良かった事なのに、こうならないとやらない。自己管理って大事だね。

(続)


リーフエッジが遠いので穏やか。

干潮時だったかな。

コバルトスズメって食えんのかな。

阿嘉島北側のビーチ。まっさら。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする