【台風が来るので・9】10億年しか

だって、いずれ地球が、膨張する太陽に飲み込まれる事は確定事項。それがいつなのかはちょっと諸説あって分からんが、長くても70億年後から50億年後。それ以前に、10億年後には海水が全て蒸発してしまって生物が生存出来る環境ではない、って話もある。

となれば、人類が自らの種を保存しようと思うならば、遅かれ早かれ地球を脱出しなければならない事は間違いないだろう。「人類は地球から去らねばならない」、これのどこがおかしいのか、理解しかねる。

まあ、「10億年後の事を心配する狂った科学者www」みたいな所か。だが、多分、ホーキングからすると、「後10億年しかないのに、全然勉強もせずに宇宙の事を考えない阿呆どもwww」なんだと思うよ、多分。

俺も、10億年って気が長過ぎるとは思うが、彼の言い分は、10億年でも長くはない、って事なのかな、と。期末試験まで「後半年「も」ある」と考えるか、「後半年「しか」ない」と考えるか、ってだけの事。

愚民どもさあ、「も」って考えて、何度失敗しているんだよ、そろそろ学習しない?備えあれば患いなし、ぼちぼち学ぶべきだよ。まあ、こう言う俺も全然そんな行動は出来ないが、一応頭では分かっているだけ、ほんのちょっと、ましだね。

残り、10億年。人類が地球を脱して宇宙で暮らせるレベルにまで科学を進化させる事と、太陽に飲み込まれるのが、どちらが早いか、と言う競争。

しかも、地球を脱したからと言って、それで安泰じゃねえからな。太陽の寿命が尽き掛けている、って事なんだから、さらにその先、別の太陽を探しに行くか、太陽を自分で作らなけりゃならない。若しくは、人間の体を太陽なしに生存出来る様に作り替えるとか。こう考えると、後10億年って、大ピンチな気がする。

(続)


コバルトスズメぐらいしか見られなかったな。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP