【メモ放出・18】中国バブル・その1

中国バブル

最近、奴らの爆買いが減速して来ているとか。百貨店の売り上げも、それに伴って落ちて来ている。中国バブルも弾けたかな。

沖縄ではまだまだ、そんな印象はない。近くのりうぼうは、夜になると奴らが大挙して押し寄せて来て混雑している。昼間は観光に行っているからだろうが、20時から22時の間にいる事が多い。

店員はネパール人が多いし、奴らも買い物に来る。もう、どこの国だか分からない感じになって来た。上の方の店員もかなり忙しそう。店員の教育も、身振り手振りを交えてしないとならんし、客とも言葉が通じず大変そう。

こんな感じだから、この島では、中国バブルが弾けたってのは、肌では感じない。まだまだ景気は良さそうだ。

昨年も今年の初めも、中国株が派手に落ちていたな。日本企業も徐々に撤退して、他の、東南アジアなどへの投資を模索し始めているとか。ユニクロも、中国製からベトナム製に変わって来ているらしいね。

撤退が当然。政治と経済は別物とか、ねえよ。あんな国に投資をすること自体が間違っている。いい様に食われやがって。目先の金に釣られて失敗する守銭奴、ざまあ見やがれ。こんな事ばっかりやっている企業に敬意は持てないね。

(続)


缶入りは良く見るけど、瓶は少ないんで、買って飲んでみた。まあ、一緒か。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP