落ちるナイフ・1

世の中常に逆張りってのがいる。コロナが始まってもう1年は経つし、今でも皆、どこが底か、それを一生懸命に判断しようとしている筈、相場師ならば。

別にそう言う世界でなくとも、常に皆景気の反転地点を模索して、上昇気流に乗って商売したいと思ってはいる。それに乗れればでかい儲けがあるのだから。

この、底を探す作業、これが難しい、と言うか、こんな事が出来れば苦労はしねえ。でも、ここに敏感でないと、後れを取る。人間誰でも底値で買って高値で売りたい。

この落ちて来るナイフに皆手を出して大怪我をする。最近散歩していても良く思うなあ、確かにチャンスだとは思うんだよ、国際通りのテナント、今は2年前と比べたら大暴落中の筈。

ここで買い叩いて、いずれは復活するだろうから、その時に売ったらうはうは、こう言う思考になるわな、皆。が、まだまだ底ではない様な。

もう既に新規出店とかしちゃっている店も沢山あるが、まあ、御覧の通り。独自の緊急事態宣言とか追加されちまって、残念ながら、まだ底ではなかった様な。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP