器が小さい

全然駄目だね、偉そうに言っている癖に。高々婆一匹も俺の思う通りに動かせない。ある程度は俺の道筋に沿ってはいるけど、それでも勝手に動くし。

この程度も思い通りに行かないとはね、情けない。ま、社会不適合者、当然の結果か。俺の予定ではさくさく駒の様に動かして、面倒な手続きは済ませて、後は勝手にやって、って算段だったんだけど。

思いの他面倒な動きをしてくれる。こっちもそんな相手をしている程暇じゃねえんだけど、これも又人を動かす為に必要な時間ではあるのだろう、回りくどい、長ったらしい話に付き合う。

寂しさはあるのだろうけどな、前以て分かっていた事よ、だからこそ、その暇潰しに色々な手続きをやって置けと言うのに、全然やらん。業者に丸投げ。

こう言う細々とした作業であれ、老人の生き甲斐にはなると思うんだ。だからちまちまとやって置けば良い物を。言う事聞かねえなあ。

昔の女ならば、「幼にしては父兄に従い、嫁しては夫に従い,夫死しては(老いては)子に従う」だろうが、ちゃんと守れ。遠隔操作って特に難しいね、大変、ドローン。俺の器が小さいんだな。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP