夢幻の如く

最近現実だか夢だか、区別が付かなくなって来ている。飲んで仕事、終わって飲む、このループをずっと繰り返しているので、境目がない。素面の時間がないし。

バージョンアップしたのがかなり不味い、すぐに落とそうと思っている。最近じゃ9%をぐびぐびしている、これは絶対に直さないと、と思っている。

この9%でやると、翌朝がかなりきつい。これ絶対まずいって、国は禁止すべきだ。こんなもんが至る所にあるコンビニで24時間買えるとか、絶対にまずいよ。これ、阿片だから。

取り締まれ。俺の手元に来ない様にして?一線を超えそうな気がするんだよ、この侭だと。ま、何とかはなっているから大丈夫か。いや、何とかなっていない様な気も、若干する。

ま、ぼちぼち敦盛で言われる所の年令だし、これですぱっと逝こうか。すぱっとは行かんだろうな、苦しんで苦しみ捲るだろうが、それも又この世の一興、そう言うのも経験しよう。

じゃ、良いか。こんな生活をしながらどれ位行けるか、実験としてはそれなりに面白い。頭の良い医師の方々、この検体を上手く使ってくれれば幸いだ。

豚って清潔好きって言うからなあ、助けて~って事だったのかも。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする