仕事に酒が要る訳

自分が楽しいと思っていなけりゃ、相手も楽しい訳がない。理由はこれだけだな。酒が入らずとも仕事が楽しいと思える程、俺は人格は出来てないわ、申し訳ない。

素面の俺は暗いからね。暗いってのも違うかも知れんか、兎に角厭世気分で一杯になるだけ、基本マイナス思考ではある。反論マシーンになる。分かる?この感じ?人の意見を全て否定しようと言う所から入る。

この性格もこれは大事で、俺が生き残れているのはここによる部分が大きい。前職なんて、基本的に人を信用したら駄目だからな、今日は全6ですよ、疑って掛かるのが当たり前だ。

結局、大らかも疑り深さも、どちらも必要な要素ではある、色々な局面に於いて。そこをどう使い分けるか、ってだけの事。で、自分のみで上手く使い分けられないなら、薬や酒に頼るのもありだ。

大体、人は楽しみとして飲み会をする、ならば、それを仕事にも延長して悪い事があるだろうか。酒が良くないならば最初から断てば良いし、友人と話をするにしてもそれ抜きで楽しんだら良い。

が、何故か、友人と集まって楽しい時を過ごそうとすると、皆酒を手にする。酒が攻撃性を和らげるからだろうね、飲む事で上手く違いをごまかしながらやって行ける。ならば、仕事に於いてもそうだろうよ。

断崖になっている。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする