英会話・4

古文や漢文はね、まあ、現代に置いてこれで話す人もいない訳で、そう考えれば、リスニングもスピーキングも必要はないだろう。でも、伝統の為には要る。この絶滅危惧種を守る為には。

こう言う、種の保存とか言う割に、言語の危機を守ろうとしないのが納得行かない。日本のこのガラパゴス文化、ユニバーサルに不要とか言う割に、多様性を守ろうとか、良く分からん。多様性が大事なら、守ろうと最大の努力をしろ。

これが全然そうじゃねえんだなあ。精々、過去の文献を読めたら十分、そんな程度の知識しか習わん。だから、古文・漢文ではリスニングやスピーキングの試験は課さない、これも十分おかしい。言語は音声なら、課せよ。

日本語の能力を見たい?だったら、現代文の試験で、その辺の糞みたいな自称評論家が書いた、偉そうだけど内容の薄っぺらい読むにも値しない様な文章を読ませて、その内容を要約せよ、とか課す事に、どれ程の意義があるのか?

音読が素晴らしいって言うんだったらよ、これも音で保存すべきだろうよ。音と関わった方が理解は早い筈だなんだ。言語と言うのは、所詮音なので。

読める様になる為には、一緒にその音も、つまり、リスニングやスピーキングも、やってみた方が良い事は確か。こう言う観点で考えるのならば、英語に限らず、現代文・古文・漢文のリスニング・スピーキングも、ありだ。

東海岸のキャンプ場。一応、それなりにいた。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする