英会話・3

でも、日本にいる俺らが何で奴らに合わせなきゃならんの?そう言う態度を持てない、卑屈な感情こそが日本人を英会話に駆り出している。

手段、と言うことを肝に銘ずるべき。経済学など、向こうが先進だから、仕方なく学ぶ、これも当然。だが、そうでも無い奴が、何で英語を学ばなきゃならないの?こう言う基本的な所に頭が行かないから、変に行く。

話す相手を選ぶべき、これが最初にあって、会話は二の次よ。筆談でも良い、そう言うレベルと会話する場合は。その方が意思疎通の手段としては寧ろ間違いが起き辛い。

こう言うレベルの人間が、俺が母国語でない故に苦労して話す事、これを理解し得ないだろうか?俺が日本人で英語がたどたどしい、それを了解した上で話をする事が出来ない人間と話す価値が抑々あるのか、と言う所から始まる。

分かれよ。こっちとしては外国語なんだ、だから、すんなり行かないのは当然だろうよ、寧ろこっちの意図を汲み取れ、こっちに寄り添え。こう言う態度を持てないから卑屈になる。エレガントな英語を、なんて思考に行く。

全然違うね、こっちは何とか合わせてやってんだ、寧ろこっちのこの努力を考えろよ、てめらがこっちに合わせられねえから、こっちが譲歩してやってんだよ、少なくともこの日本ではな。有り難く思え、毛唐。

サキシマスオウの木。山原にて。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP