価値観の押し付け合い

生きている以上、どうやっても他人には干渉する訳だから、自分の持つ価値観を押し付け合う事になる。他人から吸収する事もあれば、完全に相反する場合もある。

もし後者なら、当然論戦。人間は自分の意志だけでは出来ない。回りの影響が少なからずある。つまり、人間とは他人が作るもんだ。多様な価値観をぶつけ合う事こそに意義がある。

御前には負けないよ、って競争心が根底にある。御互い、見下して何ぼ。これがないなら、対等の関係にならない。譲らないからこそ対等の関係になる。

そして、生きている世界が違う方が面白い。同じ世界だと、大体似た様な方向に行きがち。そこに刺激を与えてくれるのが別の世界からの刺客。そう言うのは嫌うべきではない、大事にすべきだ。

取り敢えず最初はね。結果、要らねえから切り捨てよう、ってのはあるにはあるんだけど、ってか沢山あるんだが、一応、門戸だけは広く。で、自身もそれに応じて出来るだけ多様に。

別に、変わりたくない部分はその侭で全然構わん。そこは1つ、自分の芯、それは曲げるべきでもない。自分で考えた上で取捨選択して行けば良いだけの事よ。

綺麗ではないけど、海が見られるだけましか。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP