二者択一・6

どちらが正しいとかは分からない。統一言語は、危険性が高いと勿論俺は思っているけど。でも、実験した訳じゃないし、知らん。だから、一度統一してやってみよ?ってのは、悪くはないかも知れん。どう転ぶかは神のみぞ知る。

だから、どうせやるなら、社内で公用語を英語とかじゃなくて、日本語を一切プライベートでも使うな、そこまですべきじゃないか?そうしないと、日本語で思考してしまうから、本当の意味で英語が浸透はしていない。

世界に迎合して英語を公用語にするか、徹底的にローカルなガラパゴス言語の日本語の延命を図るか、どちらかにしろ。中途半端な教育は無駄。英語をメインで行くなら、国語、古文、漢文の授業は完全に捨てよう。

ガラパゴスは世界遺産、大事、なら、日本語も大事、なんじゃねえの?俺はここが一番腑に落ちない。グローバリズムと種の保存は強烈に矛盾している。

英語嫌いの奴って、多分、無意識的にこれがあると思うよ。だから、ガラパゴス的住民である日本人に英語が浸透しないのは、寧ろ当然。ガラパゴスである事は悪い事か?寧ろ誇りにすべきじゃねえの?

各地の独自性を守りながらもグローバルをとか、そんな都合の良い物はないと断言する。独自性があるなら独立運動に必ず繋がるし、グローバルを目指すならば、各地の独自性は叩き潰さねば争いの火種になる。

伊是名島。泥に浸かって、可哀想な豚。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする