林檎・7

こいつもねえ、まあその当時は現在程の学校ではないにしろ、池袋の超優秀な女子高出身なんだがなあ。今では東大に20人位は行くんだぜ。どこでどう道を踏み外したんだか。まあ、人の事を言えた義理ではねえか。

俺の弟子に相当する訳だが、こいつが又色々引き連れて来て、飲みに。こいつを含め女弟子×3で数度飲んだが、まあ、どいつも酷い生活。皆でキャバ勤務なんざ当たり前、場合によりゃあ、売りも。

全然無関係な3人なのに、俺の所で結託しやがって、まあ、揃いも揃ってって感じ、類は友を呼ぶ。俺もどっちかと言うと日陰側だが、ここ迄ダークサイドではないな、と思った、まだまだ甘い。

更に、こいつの親友が、これも又女弟子なのだが、更に別の男弟子と付き合っていて、俺+弟子×3なんて飲み会もした。薬だのアナルだの、まあこっちも勉強になるから良いけどね、いや、寧ろ俺が弟子入りさせて貰うわ。

こんな話、いい加減に止めるか。いくら昔の事とは言え、限度がある。って事で、無事解消出来て又早稲田での生活に戻った。

こんな風に日記で書けば傷は癒えるとか聞いたが、やって見て、大嘘だね。もうすっかり忘れていて消え掛けていた事を穿り返す様で、寧ろ良くない。以上、やめ。(終)

弘前城の堀。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする