火入れが大事

仕事をするならガソリンは補給しないとならん。腹が減っては戦は出来ぬって事だな。って事で、最近は景気を付けて仕事に臨んでいる。

俺の場合は文字通り、火の燃料になる物だけど。いや、っても、流石に火が付く程の度数ではない。前にも書いたけど、飲まない食事は一切止めたので、その際に軽く。

ん?どうも逆になっている気はする。飽く迄もそっちがメインで、飯はおまけか。ま、どっちでも良いや。何とかはなっているから。偶になっていない気もしなくはないけど。

寧ろ、この方が良い気がしている。まず、心が広くなる。素面だと、何でこんなのも出来ねえんだ、とか、何度言ったら覚えるんだ、思考回路はどうなってんだ、って苛々して来る。

それが、許せる。かりかりしてもしゃーねえ、ちんたら、そのペースでやろうか、のんびりとでっかくなれよ~、ってなる。

抑々学問なんて、無理矢理やらされるもんじゃねえしな。やりたけりゃあやれば良いだけよ。だから、楽しくやらないとね。その為にはまず、こっちが大きな心を持つ事。


地形が分かって面白い。

Follow me!

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする