姑息

この言葉ってかなり誤解されている気がする。「姑」で「しばらく」+「息=休息=休む」、つまり、「その場凌ぎで誤魔化す」、と言うのが本来の意味。でも、「狡い」って意味で使っている奴、かなりいるだろ?

「俄然」もやばいね。「凄い」って思っている奴が多い。漢字を考えろ。「俄=俄かに=にわかに」だろうが。「にわか」って言葉で「流行りに乗っただけの奴」って馬鹿にする風潮はあるのに。「俄然=突然」、分かりそうなもんだが。

西海岸道路の開通で俄然やばいと思い始めたのか、泊大橋から港町への道路、改善はしないと、と思ったらしい。が、やったのは姑息な手段、大橋側から曙へ向かう右折レーンを何とか、車2台分位のスペースを作っただけ。

中央分離帯を撤去して、本当にぎりぎりの車幅のレーンを、何とか。あのなあ、やらなきゃ、って分かっているんならよ、もっと抜本的な対策を考えようとは思わないの?

この工事、そういや深夜に数週間掛けてやっていたな、これでどれ程の混雑の緩和が見込めるのか。なんくるないさ~=姑息、これに尽きる。

この道路が嫌で嫌で、しかも、その先の県道2号が又渋滞するから、行きにこのルートは一切使っていない。夜だけだな。夜はさくさくで快適。何とかならんかな、この無能ループ。


富士山は外から見ると美しい、って事ですかね。

Follow me!

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする