性と学・2

後は、触れられる事に対する抵抗感か。でも寧ろ、男の方がセックスを神聖視している様な傾向がある。風俗に抵抗感のある野郎って、実はかなり多いんだよ。

男は、自分がその気にならないと勃たないんで出来ないから。つまり相手によって無理って事があるから、セックスに対して怖じ気付きがち。

選り好みの激しい奴は、誰にでもってのは無理。俺はかなり薄い方で、大体1度は問題なく出来る。2回戦したいかと言われると、noとなる事は多いけど。でも、こうならない野郎が沢山いるんだよ、合わないと全く反応しないのが。

馬でもこう言うの、あるらしいからな。強い馬にはどんどん種付けをして貰いたいんだけれども、どんな雌にもすぐに反応するのもいれば、選り好みが激しかったり、幼い雌にしか興味を示さなかったりするのもいる。

馬の世界にもロリコンはいるそうだ。結局男にとってはセックスの際に、精神が非常に重要になる。女向けの性風俗ってのは殆どない訳で。自分の気持ちがちんぽの態度に出てしまう。

つまり、セックスと精神が密接に結び付いているから、自分の存在=精神=価値、となって、セックスを神聖視する傾向がある訳だ。


上は、向こうに見えるのが名護の部瀬名?下は読谷のアリビラの教会。

Follow me!

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする