某大・4

他のクラスの連中は呆れていたけど、でもこいつらも好奇心は強いから、俺の質問に乗っかったり。4人だからな、楽しく。俺だけ住む世界が別の生き物だったけど。

数学も中途半端にやりながら。こんなんで受かる方がおかしい訳で、防大も落ちた。確か、結局文系で受けたんだっけかなあ、普通の大学受験と違って、11月位に試験があった様な。

人間、切欠が大事でね、この後から、突然真面目に勉強し始めた。完全に文系に決めて、数学だけ、センターと東大用にちょっとやったけど、ここで俺の基礎は出来た感じがある。文系になった。

でも気紛れなもんで、浪人して余りに圧倒的に強くなり過ぎて、逆に、防大に行くとか、詰まらん、ってね。絶対受かるし、他にも選択肢があるから、そっちの方が魅力もあるよなあ。

それが馬鹿田大の教育で、歴史も地理も勉強出来るらしいぜ、なんてね。結局行く意味なんて全くなかったんだけど、こう言うのに捕まってしまう当たり、餓鬼だったよなあ、って。

それは兎も角も、念願通り文系で受かったんだけど、行かなかった。色々と考えたんだよ。上からの命令に耐えられないんじゃないかなあ、って思って。


演説の質が違う。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする