意味不

ちょっと派手に飲み過ぎたので、意味不で行こう。全く分からなくて当然、無視して。誰かに伝われば十分の、然程意味のない文の垂れ流し。

奴にはちょっと気軽に電話は出来んので勘弁して。あれはそう言う世界に行ったから触りたくない。あの世界が嫌い。法曹とかろくな世界じゃねえ。その世界の人間は全て俺の敵だ。

察しの通り、俺も複雑な物を抱え込んでいる。あの、思った瞬間に行動出来るのが羨ましかった。直情径行、悪い面は腐るほどあるが、真似をしようと思っても出来ない、俺の様な小市民の常識人には。

感情のままの行動、俺が最後にやったのはいつだろう?小学生の時なら出来たか?それ位遠い昔。それを見せないのが大人だから。皆そうやって成長して来ただろう?

違う、って事は、魅力でもあるけどトラブルでもある。同じ世界観を持ってこそやっているのだけれど、余りに同じでは刺激がない。

余りに違い過ぎても、同じ道を進めない。ここの、許容出来る違いと許容出来ない違い、刺激を与えてくれる違いと敵対して刺して来る違い、このバランスなのだろうね。何の話?俺も分からん。


建物自体はそれ程立派でもない。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする