ネタ放出・4

適当に泥酔した奴を放出しているだけなんで、質は不問で御願い。多分、明日の朝これを見たら恥ずかしくて直視出来ない、そんなネタ。

・最後の瞬間まで

成功者の資産は何倍にもなるが、でも、成功者だろうが失敗者だろうが、寿命は然程変わらない。成功者の方のを多く見積もっても、敗者と比べてせいぜい10年程度だろう、幾ら長くなったとしても。

だから、いくら現在成功していても、生前に偉そうにしたら駄目なんだよ。企業の寿命も多くは人間程度、100年も持ったら良いと言われる。実際、大会社ってのもたくさん潰れているからな、リーマンなんて記憶に新しい所。

「飲食店で成功しました」、その偉そうな成功談、はっきり言えばワタミだけど、そんなの墓場の直前、ぎりぎりで書くべき事だ。いつどこでどう流れが変わるかなんて分からない。

現にブラック企業の代名詞になって終わってんじゃん?成功とは言えないよな、てめえの企業。だから、今まさに死ぬ時にならないと、自分が成功したか失敗したかなんて分からない。

本田、松下クラスですら軽々しく自分の人生についてそんな話はしねえんだよ。いや、こいつらはこんな事は十分分かっている偉人だし、ぽっと出のゴミとの比較に出すのも申し訳ないけどさ。


湯布院から別府へ。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする