波紋・1

人間生きていれば、生きると言う事は何かを食う事であって、何かを食うとは、どこかの生命の1つでも奪う事で、それはこの世界に、どうであれ、影響を及ぼす。

俺が何か仕事を始めれば、それはその業界の同業者の食い扶持を奪う事になる訳で、簡単に言えば殴り込みだな、当然、結果、戦争になる。

でも、永遠に続く戦争、ずっと戦いっ放し、ってのもまたなくて、条約での和議、その後に同盟して別の敵との戦争、こんな感じで繰り返して行く事になる。

世界史なんてはっきり言えばこれだけ。この波の上下の山谷、そのそれぞれの頂点に当たる所、これが戦争であり条約で、それを覚えるだけとも言える。後は、その転機の原因を理解して置けば十分かな。

凄い回りくどいな、我ながら。個人レベルでも、生きて何かをすれば、それはこの世にどう言う形であれ反響を齎す、と言うだけの事だ。

ガチプロのバシ君も、勝って稼ぐから、その波紋が各方面に行って、その結果が裁判だったり?ネットだったり?、各所に色々起きる。だが、それこそが生きた証でもある。

常に勝つ事で、これは簡単に言えば、人の食い扶持を分捕っている訳で、奪って生きている。でも別に、その行動に違法な面は現状の法律下ではないし、その条件下ならば、それを咎める権利は誰にもない。

()


南城、サザンリンクス下。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする