自習と教育・2

それを、あれは違う!どの口が言うんだ。じゃあ、やって見せろよ。教えて見せろ。あれよりも短時間で効率良く、それ以上にして見せろ。それを実績として数字として残せ。

本当に格好悪いわ。自分で何もやってない、ろくに行動もしていない奴が、偉そうに宣うのは、我慢ならんね。自分の中でどう出来たとか、どうでも良いんだよ。それを世間に広げろよ。社会に広めて何ぼだろ?

結局、現場なんだよ。引き篭もって他の人間と接しない様ではね、自分の理論の正しさも証明出来ない。これを行う為には、商売をして、他の人間を出来る様に沢山して、それから言わんと。

自分だけの経験談を語る様なオナニーなら誰でも出来る。昨日8回抜きました、幾らでも言えるわ。8回行かせました、だろ?必要なのは。

教育はオナニーじゃないから。相手があってこそ初めて成立する、セックス。こんな事を言うと偉い騒ぎになりそうだけど、精神的に、ってだけね。

相手がいないのは、只の自習。教育じゃあないんだよ。自分はこうやった、って理論に拘っている限り、先はない。こう教えて出来る様にした、それが自分の根幹の理論にならんと、教育者ではねえだろうよ。

()


踊りも、その辺のと一緒。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP