情報を食う・2

俺は自分の舌を信じているけどね。不味いから麦職人、って思った時に正解はドラフトでした~、って言われても、信じていない。安い店で往々にしてこう言う事がある。

沖縄の居酒屋は、オリオンドラフト=普通の生ビール、と、麦職人=発泡酒、サザンスター=第3のビール、これらのどれか2つが置いてある事が多い。味を求める人にはオリオンドラフト、安さを求める人には他の2つ、住み分けられている。

が、店はどれも、「生ビール」として出している。これ、かなり問題があると思うんだけど、一向に改善されんね。一種の詐欺だからな。

市販のビール系飲料が全て、ビール・発泡酒・その他のリキュール、と別々に表記されているのを見ても分かる様に、発泡酒や第3ビールは、ビールと名乗る事は禁止されている。麦芽の使われている度合いに差がある。

市販品はそうなのだが、なぜか、居酒屋ではこれらを纏めてビールと呼ぶ事が許容されている。まあ、マスコミもこれらをビール系飲料なんて呼んでいるから、ちょっとなあなあになっている感はある。

だが、居酒屋は本来、酒の味で売っている訳だし、ここは非常に大問題だ。現在の都内がどうなっているかは、ちょっと離れて長いので分からんけど、少なくとも沖縄では、この詐称が罷り通っている。

()


湯布院。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP