紅生姜・1

吉野家の話から発展して。牛丼に紅生姜、ここは御互い相容れない、深い溝がある。決して分かり合えない。

俺は反対派。もし頼んだ時に勝手に丼に乗っかって来る様な仕様になったら、No! Ginger!って掲げて店の前で座り込むよ、で、紅生姜の搬入を阻止するよ、辺野古みたいに。

でも、これが凄い好きな奴が沢山いる、ってのは知っている。ミチヲの様に、豚骨ラーメンで1口食ったら後は紅生姜をどばどば、みたいな。あれ入れたら、どんな豚骨ラーメンでも一緒じゃねえの?と聞くが、違うらしい。

「高菜、食べてしまったんですか?!」みたいな。九州のどっかの豚骨ラーメン屋が、ラーメンが出て来る前に高菜を食べた客にクレームを付けたって話。

店の言い分としては、それを先に食ったらスープの味が分からねえだろうが、そんなんで下手な口コミを書かれたら、こっちとしては商売上がったり、食うな、帰れ!って事らしい。

流石にやり過ぎではある。そんなもん、客の好きに食わせるべき。口コミなんて気にして商売するな。色々な客が来るんだから、悪口雑言、悪評も評判の内よ。本物ならちゃんと客は来るから。

ネットでこれが騒ぎになって、嫌がらせで高菜を先に食う客が続出して、店ももう諦めた様で、今では何も言わないらしい。元気一杯、って店だったかな。調べればすぐに出て来るよ。

()


別府辺り。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP