偉大なるマンネリズム・4

外れのラーメン屋の見分け方は簡単で、醤油、塩、味噌、豚骨、この内の2つ以上を出している店は、ほぼアウト。極たまーに、悪くはないかなあ、って思う所はあるけど、それでも、どれかの味は外す。全部美味いなんて事はない。

提供する側=経営者、と、される側=客、この温度差が、どの業界においても常にミスマッチが起きて、これが世の中が上手く回らない原因。

経営する方は、大体、世の中に夢=野望を抱いていて、あれもこれも、ってなりがち。客の方は結構シビアで、選択権はこちらにあるから、そんな多様性は要らんので、もっと特化して欲しい。

飲食店で言うなら、朝昼晩三食、御前の店で食う訳じゃないんだから。パスタが食いたけりゃあイタリアンに行くし、寿司が食いたいなら寿司屋に行く。

ラーメンでも同じで、豚骨、醤油、塩、味噌、それぞれ、評判の店に行くよ。つまり客は、常にマンネリを求めている。

餅は餅屋、馬は馬方、蛇の道は蛇。他にも似た諺が多数あるってのは、それだけ大事だよ、って事だ。肝に銘ずるべき。

ま、難しいんだけどね、これが。日々に飽きない人間なんていないから。酒だけは毎日繰り返し飲めるんだけどなあ。でも、つまみは毎回変えたい。人間、難しい。

(終)


噴火の時も見てみたいね。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする