1000円あたりの回転数で攻略・その1

以前に書いた回転数計算を使っての攻略でも。その記事は以下。

1000円あたりの回転数計算・その1

1000円あたりの回転数計算・その2

1000円あたりの回転数計算・その3

大した効果ではないけど、この御時世、これくらいでも有り難いと思わんとね。わらにもすがるような思いだw。

まず、機種ごとのこの設定差の有無から。使える機種、使えない機種ってことね。

トリプルクラウン:なし

トリプルクラウンS2:あり

ニュートリプルクラウン:おそらくあり

トリプルクラウンゼロ:おそらくなし

ニューハナハナ:あり

スペシャルハナハナ:あり

サンサンハナハナ以降のハナハナシリーズ:おそらく全てあり

ジャグシリーズ:あり

当然だが、ARTなどの付加価値がない機種にしか使えない。他にも、エヴァの約束、魂なんかでも使えたが、もう賞味期限切れだろう。現状沖縄で使えそうなのはこんなもんか。

ということで、後は機種ごとに解説。

・トリプルクラウンS2

1:37.55

2:37.90

3:38.25

4:38.61

5:38.98

6:39.35

計算方法はこちら。レギュラーの獲得枚数が104枚なんで、そこだけは代えて計算。レギュラーの獲得枚数は、ビッグの3分の1なんで、ビッグを全てレギュラー3回分、って考えれば計算も速い。

1~6で1.8ゲームなんで、設定差はかなりある方。それでも荒れるんで、最低5000ゲーム以上の消化は必要と思った方がいいな。

(続)


スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする