1000円あたりの回転数計算・その1

今後の機種攻略の際に必要になってくるんで、ここでまとめておこうかと。

ハナハナ系、トリプルの一部、ジャグラーで使える。ま、これくらいのことはやっている人も多いと思うけどね。

現在のノーマル5号機は、メイン小役に設定差がついていることが多い。というか、攻略要素がそれくらいしかない。カチカチ数えるってのも大事ではあるんだけど、ま、正直面倒だよねw。

あとは、カウンターを使っていると目立つってのもある。内地の場合は、既にジャグですらやっているのばっかりだと思うけど、沖縄ではかなり少ない。やっぱり皆のんびりしているよねw。そんな中カチカチやるのは、人に攻略要素を教えるようなものだし、爺婆から怪しまれるw。

こういうのは結構大事で、トラブルになった場合、俺らのような奴と常連客の爺婆、店からすれば大事なのは後者なんだから、負けるのはこっち。爺婆が「あいつ怪しい!」と文句を言い出したらまずいわけで。特に沖縄は狭い社会なので、この辺はやっぱり気にしないとね。

そこで、カウンターを使わずに、この設定差を利用する方法。

理屈は簡単で、メイン小役に設定差があるということは、当然1000円あたりの回転数に差があるということ。よって、これを計算してやれば、ある程度の推測ができる。

(続)


スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP