軍手・結論


テーマ:

仕事の話ね。こっちに来てから使い始めた軍手だが、様々な試行錯誤を繰り返し、ようやく結論が出た。

ベストは、シームレス軍手。特許出願中、とあったから、どこでも手に入るわけではないと思うが、カインズホームには売っている。沖縄には1軒しかないんだけど。しかも最近できたばっかり。で、12双で300円行かないぐらいかな。普通の軍手だと200円しないんで少し高いが、その価値は大有り。

軍手も他の大概の手袋もそうだが、一番いらつくのが指先の縫い目。これが指に当たるから気分が悪いし、俺の仕事の場合、これがコインで挟まると、この糸がほづれてきたり。

その点、このシームレス軍手は、快適な上に耐久性もあるという素晴らしい奴。欠点はやや硬い感じがすることぐらい。小指が長すぎて邪魔というのもあるが、これはどの軍手も共通。以前にも書いたんだけど、俺の小指が短いだけなのかなあ。でも、普通の手を想像するに、軍手の小指は絶対有り得ないと思うんだが。

で、手首の締め付けは、俺の仕事の場合、必要ないどころか不快の原因なので、手の甲側に縦に一本、7,8センチほど鋏を入れる。これで手首にゴムの跡がついて痒くなる、なんていうのともおさらば。以前は手首の部分を切り落としたりしていたが、これだと綿埃がえらいことになるので、こっちの方法がお勧め。鋏を入れた後に少し叩けば大丈夫。

あ、こんな細工をした軍手をしている奴は俺以外に見たこともないんで、見られたら一発でわかっちまうな。ま、いいや。

軍手はもう手放せなくなっている。肌が荒れないし、爪も痛まない。どこの主婦だよ、って感じだが、この仕事は結構手にダメージがあるんでね。チビコインも問題なく扱えるので、沖縄以外でも当たり前になればいいのに。こっちのパチ屋では店内で普通に買えるぐらい浸透しているものなんで、それほど快適だということだ。ま、お試しあれ。


シームレス軍手、今は売っていないんだよねえ。ちょっと値段がするから売れなかったようだ。

ウミカジテラス。冬場だったが、客はまばら。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP