【打ち切り13】人格神

見栄、なのかなあ、これ。偉そうにしたいだけ、なのかも。そう言う点では実に低俗な神だね。日本古来の八百万の神に近くて、むしろ、これが正しい神の姿ではある。いわゆる、人格神。

人格神ってのは、喜怒哀楽の感情が、普通の人間と同様にある神のこと。神の癖に、人間如きがやることにぶりぶり怒ったりして、こんなの神とは言えないような気が俺はするのだが、ヤハウェもイエスもアッラーも、人格神。

こいつら、信じる者しか救わない、心が狭過ぎるだろ。神って、こんなしょぼくて良いのかね?仏教は微妙だな。上座部の場合は出家しないと浄土に行けないんで、心が狭い人格神。

じゃあ大乗仏教は、ってなっても、念仏だとか禅だとか、やることやらんと駄目なんで、これも意外に心が狭い。他の宗教よりは割りと寛容で、ましな気がするがね。

元の話に。上級国民様達は底辺の君達に「勉強しろ」なんては言ってくれない。自分の贅沢な生活を支える為の、無知な奴隷でいつまでもあり続けてくれ、と思っているからね。むしろ、「勉強するな」と言う。

慈悲深い神である俺は、ちゃんと真実を、ここの迷える子羊たちに教えよう。「この世は弱肉強食の競争社会であって、勝ちたいなら学ぶしかない、今すぐ勉学に励め」と。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP