【打ち切り4】類は友を呼ぶ

日本の隅っこ沖縄、そこにわざわざ来たないちゃー、しかもパチプと言う、ほんの少数の、日本に寄生している社会不適合者、こういうレアな存在が書く文ゆえ、大衆受けしないのは当然、打ち切りも止む無し。

あ~、自分でレアとか言っちゃ駄目だね、違う。英語のrareには「珍しい故に価値が高い」という意味合いがあるので。どう考えてもこの稼業に「貴重さ」があるはずも無く。

あれだな、ハブ、よ。世界的に見れば沖縄にしかいない珍しい毒蛇だが、その存在は人間からすれば全く有り難くない、ってね。ハブの方が精力剤になったりして、まだ役に立つから、ハブに例えるのも失礼だが。

しかも、俺のような存在、珍しくも無かったりするからなあ。この島にはパチプ自体が結構多いし、俺の周りには内地から来ている同じようなのが結構いるからよ。類は友を呼ぶ、ってことなのかも。不思議なもんだ。

ま、折角の放言コーナーも最後だし、パチやスロ、この業界、そこに思う所を書き連ねてみようか。最後と思うと非常に気分も晴れ晴れとしているしね。これで俺もこの業界の手先ではなくなる、と言う解放感のような。

この業界に寄生しているライターが何を言っている、と言う話ではあるね。まあ、今までの文を読んでくれた人には、俺がこの業界では非常に異質な存在、異端であることは分かってくれていると思うが、説明しよう。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP