【和食65】米軍の良いところ

アメリカ軍が沖縄に駐留しているのも、そんなに嫌うことないと思うんだがね。人間、外からの刺激は必要よ。内地に居たらこんなにアメリカ人に会うこともないし、有り難いことよ?英語を勉強するいい機会でもあるじゃねえか。

中部のラーメン屋で、米兵が慣れない手つきで箸を使って、四苦八苦して食っているのを見ると、笑えると同時に、その好奇心の旺盛さ、日本の文化に触れてみようという姿勢、それに敬意も湧く。

沖縄のプロバスケットボールチーム、琉球ゴールデンキングス、これが結構人気があって強いのも、アメリカ文化の影響であることは間違いない。良い影響もあるんだよ、これに目を瞑って米軍は悪の権化みたいなの、おかしいって。

基地の周辺は米兵の落とす金で成り立っている面もあるし、基地があることで軍事マニアも呼べるしよ。俺もF22、中部の空で良く眺めているよ。美しい機体だからな。そんなに基地、嫌い?俺には理解しかねる。

様々な移民で成り立つ、様々な文化を内包した、世界最強の国アメリカ、これがこの島に滞在している、最高だね。これも沖縄の魅力の一つなんだぜ、外からは分かるけど、内側にいると分からないのかねえ?

そろそろこのテーマも飽きられているし、まとめるか。最近和食を食っている、ってところから始まって、コスモポリタニズムとかドイツ観念論とか移民論とか、ちょっとやばい人だね、と自分でも思う。

まあ、酒飲んで書いているしな、こんなもんだろう。話題があちこち飛ぶからこそ、管巻き。俺は何にでも首を突っ込んで、言うべきことは言いたい、と思っているから。野次馬根性の塊みたいなところはある。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP