【和食23】大和魂、だろ?

琉球魂とか、口にしたら駄目だ。矮小過ぎる。大和魂なら口にしても良い。それ以上の世界魂、って持てるなら持っても良いとは思うけどね。何にせよ、自分の意識が狭いことは恥と思え。

例えば、明治維新の雄藩、薩長土肥、つまり、鹿児島、山口、高知、佐賀、の志士達は、自分達の郷土愛を乗り越えて、更にその先の日本愛を持って、日本国の中枢に座り、国を根底から変えようとした。

こんな歴史を見た時に、「沖縄」に固執することの愚かしさは浮かび上がる。日本の政治に腹が立つのならば、維新の志士同様に、自分が国の中心へ行って、それを変えてやろう、日本を導いてやろう、こう思うべきなんじゃないのか。

なのに、日本に属していながら、沖縄と内地は別だから、こんな現実逃避的な意識は腑甲斐無いと思わないのか。現状、沖縄は日本の一員であり、共に大和魂を持つ同胞、何でこう思えないのかね。

「琉球魂」と「大和魂」、別物じゃねえだろ、ってこと。それを沖縄に拘って「琉球魂」とか言ってしまう精神が臭過ぎる。大体、「琉球」って中国からの呼び名だぜ?自分達の呼び名じゃない。この辺も理解してんのか?って気がする。

こんなことばっかり書いていると右翼と思われそうだな。だが、全然違うぜ。ここまでの文でも、俺は「日本愛」は持っている、とは書いたが、愛国心とは言っていない。

(続)

DSC_1766
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP