【和食08】何もしないのは、悪

それに、国家をその道に導いたのは、何よりも国民自身だ。今の安倍も、反対派の奴は、俺が選んだわけじゃない、そう言うだろう。その気持ちは分からなくはないが、それが政治だ。

あんな奴に任せていられない、何が何でも戦争をしたくない、などと思うならば、自らが指導者に成らねばならない。そういう意志も無く、だらだらと生を重ねて来た人間は、自らを他人に委ねている。

ならば、どんな結果も受け入れるしかあるまい。この世において、何もしないことは悪だ。政治に興味が無い、それはそれで結構なことだが、逆に言えば、どんな結果、例え国が戦争になっても、文句は言えない。

国が戦争を選び、敗北し、日本の一部が戦場になり、自らが辛い目を見た、それは単に沖縄県民が自らの選択を日本に委ねた結果だ。

そんなに戦争が嫌だったならば、分離独立運動でもすれば良かった。琉球王国として独立して、中立宣言すべきだった。それもせず、戦争に巻き込まれた、こんな反論は通じないだろう。特に、相手のアメリカ側から見れば。

向こうからすれば、単に敵国の一部だ。沖縄は日本に強制的に組み入れられて~、なんて言い訳をしたところで、聞いてもくれなかっただろう。日本とは違う、それならばそういう行動を起こすべきだった訳でね。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP