赤い華

作詞:沖島毒鼬 作曲:松本良樹 歌:中島美嘉

暗い面を パネルに映し

電飾の中で 一人打っている

スイカ揃えて 右に寄れば

割りに合わなくて 泣けちゃうくらい

客が少なくなって

夜の臭いがした

そろそろこの店の

中で日を跨ぐ時間が来る

今年最後の赤い華を

島で一人ぼっち

眺めている25時

虚しさが溢れ出す

4だとか出玉じゃない

ただ台を壊したい

心からそう思った

店にいるとどんなことにも

苛々するような気持ちになってる

こんな日々がいつまでもずっと

続くと思うと死にたくなるね

風が煙流した

僕の身を燻して

どんないらつくことも

僕は笑顔へと変えてみせる

舞い落ちて来たヤニの灰が

膝の上にふっと

知らぬ顔して見過ごす

隣に殺意を抱く

こんな奴の為にでも

目押しをしてやるのが

愛と言うことを知った

もし店が潰れたとしたなら

古酒の封を開けて祝うだろう

規制が厳しくなって消えることを

いつもいつでも願っているよ

今年最後の赤い華を

島で一人ぼっち

眺めている25時

虚しさが溢れ出す

4だとか出玉じゃない

ただ今すぐに

帰って飲んで寝たい

素直にそれだけ思う

この店に降り積もってく

欲望の赤い華

底辺たちを誘い

サンドは札だらけ

来年も華とずっと

こちらを聞きながら、口遊んでみてくれ。我ながら下らないが、考えるのに結構頭使うんだぜ、これ。音に合わせる為に言葉を選ぶのだが、自分の語彙の少なさにもどかしさすら感じるね。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP