沖縄に影響無し

反省の色、無し、の続き。

御上が一番大事にするのが面子だってこと、わかってないのかね?嵐が過ぎ去るのを待つ様に大人しくしていれば被害も少ないのに、指導を聞かないから、御上も面目が立たないので、ますます規制が厳しくなる。

この釘曲げはパチ屋だけの責任ではなくて、メーカーにも。検定状態の釘がどんな風になっているのか見たことが無いからわからんが、出荷の状態でもう既に釘が違うらしい。検定だけ誤魔化せばいいや、って、舐めている訳だ。

ま、阿呆のパチ屋やメーカーがどれだけ潰れようが、俺の知ったことじゃない。潰れるほど喜んでいるよ。俺も廃業しなきゃならんかも知れんが、自分に自信があるのでね、何でも出来るから、困ることなぞない。

残念ながら、沖縄のパチ屋はかなり安定しているので、俺も食えてしまうが。パチンコやミニコインの設置自体が少ないから、今回これらに厳しい規制が入っても、さほど影響はない。

こういう点で、沖スロって、時代の流れと無関係で強いんだよね。今回の規制もどこ吹く風だ。これはジャグも同じなんだけど、内地の場合、店内のジャグの比率は3割も無い。

だが、沖縄の場合、沖スロの比率が5割以上あるのが普通。ここの客付きが非常に安定して高いので、店は安泰も良いとこ。実際、店の増減は非常に少なく、この御時世でもやや増加傾向まで見せている。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP