パチンコは保守的

手打ちパチンコ復活、の続き。

どうだろう、うまく行くかね、これ。俺は否定的。今までも「大立」って会社が、普通機、つまり、液晶などの無い、チューリップの連動のみで玉を増やす台、を専門で出したが、すぐに消えた。「トビー」「P-CUBE」って会社も同様。

「愛喜」も最近新規参入で普通機をリリース。「大和工業」も似たようなものを出して潰れ、その後継か知らんが「大和製作所」は変わったパチンコをリリースし続けている。

「三共」「アトム」「三協電子」のパロット、「サミー」の雀球、他にも各社ちょっと冒険した機種を出したりするが、話題にもならない上にすぐに消える。「アムテックス」などの羽根物が一応の市民権を得ているぐらい。台数は少ないけどね。

新しいものは流行らない、ってのがこの業界。もう20年近くパチンコはデジパチ一辺倒じゃないか?だから、店側に変則的な機種を使うノウハウがない訳で。今のヘソしか弄れない素人店長じゃ釘も打てんだろ、こんな台は。

まあ、俺としては、1パチなんかが流行るぐらいなら、甘デジ、羽根物、普通機、手打ち、こう言った金のかからない台で4パチで営業してくれた方がまし。

1パチの島なんて通過すらしないからな。どうせ便所に行くんなら、歩きながら釘を眺めた方がましなんで、ならば、使う可能性のある4パチの島を意図的に通る。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP