多良間計画

前の続き。

ここの旨塩レバーが俺は気に入っている。レバ刺しが気軽に食えなくなった今、この料理は実に有り難い。女将の知念さんなんかにぐだぐだ絡んで、家に帰って寝る。

11月3日火曜、祝日。起きて、なつさんと旅行計画。昨晩ウメと3人で飲んだ時に、旅行に行こうという話になった。目的地は多良間島。宮古島と石垣島の間にある島で、なかなか行く機会もないだろう、ということで。

今週の天気予報は快晴、旅行には最高だね。まずは宿の確保をしよう。だが、全然予約が取れない。何でこんな辺鄙な島がこんな時期に満室なんだ。良さそうな奴から電話をしていったが、どこも断られる。

もう既に航空券はなつさんに確保してもらったので、宿に好き嫌いは言っていられない。と言うことで、片っ端から電話して、何とか「みどりや旅館」を確保できた。でも、電話に出た婆さん、かなり耄碌しているのか、何度も同じことを聞く。

これで予約は成立したのか、かなり不安ではある。一応居酒屋は有りそうなので宿は素泊まり。俺は宿で食うのが好きじゃない。宿だと飯が大量に出て来るから、飲めなくなる。それに、その島の雰囲気を味わう為にも、外飲みしたい。

多良間島は1泊あれば十分見られるだろうから、その後は宮古島に移動する予定。そちらの航空券や宿をなつさんに御願いして、一応の旅の計画は立った。完了後、なつさんは帰って、俺は朝から家で飲んでいたので、寝る。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP