潟原

前の続き。

名護は人口の割りにパチ屋が多過ぎる。しかも選択肢が、夢の無い店と良くないスペースグループしかない寡占状態。法蓮草は論外。スロはほとんどハナでバットは少ない。厳しいイメージだな。

近くにあったラーメンつけ麺屋「山原炉船」へ。評判が良かったのでつけ麺を食った。でも、名護ではまだラーメン屋が少ないから人気なだけだね。名護は最近ラーメン屋が増えているので、これから激戦区になりそう。

その後、いつも西海岸を通っていて飽きて来たので、東側に出て南下。ちょうど辺野古の基地に何か運び込む所だったか、警官がいて交通整理。ここの門前に屯している糞どもの汚らしい写真を撮って来ようと思ったが、残念。

さすがに警官の前で運転中に携帯弄るのもね。しかし、この糞どもが消え去れば沖縄はもっと良い島になるだろう。辺野古の基地よりてめえらのその姿と行動の方が醜いぜ?まあ、大概こいつら内地から来ている左翼だけど。

その先、潟原を見る。沖縄では一風変わった泥の海、赤土で埋め尽くされた干潟。実はこれ、田畑からの赤土が流出して出来た人工的なものなのだけどね。でも生物は多様で、干潟に降りてみると蟹が一斉に穴の中に隠れる。

ここにはミナミコメツキガニ(南米搗蟹)という、体が丸い青い蟹がいる。今回見たのは小さかったので、これとは別か、これの幼体だろう。これは群れを作って集団で動くので、見ていると面白いのだが、今回は残念。冬場が良いのかも。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP