松金ホテル

前の続き。

そして、その心地良い疲れを、旨い肴と酒で癒やす、これが至福。体力を鍛え、経験をして知力を鍛え、明日の活力の為に食う飲む、これが醍醐味よ。まあ、補給の方が過多になって太って帰って来ることもしょっちゅうなのだが。

下船。前泊港の前には巨大な岩「虎頭岩(とらずいわ)」があって、これがシンボル。これは登ることもできるが、景色は大したことがなさそうなので今回はパス。まずは港の前にある事務所でチャリを借りる。2泊2000円。

ママチャリだがギアは6段ついている。これは助かるな。シングルギアを覚悟していた。まずは宿にチェックインしよう。港からホテルまでチャリで5分ほど、松金ホテルへ。一応ホテルだが、旅館のような雰囲気。

素泊まり1泊4725円、今回は洋室が一杯ということで和室になった。室内にユニットバスはあり、アメニティグッズも一通り、エアコン無料、LANケーブル有り。売店もすぐ隣に有り、冷蔵庫はロビーで共用。離島にしては十分だろう。

荷物を置いて着替えて、チャリで出発。現在13時前、日没まで5時間程度なので、今日は無理して一周はせず、南半分を周るつもり。夏の最後に海を堪能したいのでシュノーケルをやろう。ということで、南下して行く。

集落には様々な御嶽が、すぐ近くにはダムもあってちょっと気になったが、後回しに。観光の基本はまず遠くからだ。近場は最終日の船や飛行機の待ち時間などにいくらでも見られる。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP