誤解を恐れる

標準語のまま、の続き。

自分の間違いを、相手が「外国人だから仕方ない」とうまい事解釈してくれることを、全く期待していない。そこまで俺は人間を信用できないな。特に、英語を喋っているようなのは、日本人よりも遥かに低い民度の訳で。

意図を正しく伝える為には言葉を選ばなければならない、というのが俺の信条。要は、誤解を極度に恐れている。口は災いの元、と言うが、多弁は危ない。俺は言葉の正確さを重視したい。

そりゃあ日本語ならね、いくら多弁でも誤解されないような言葉遣いで喋ることは可能だけど、慣れない外国語で同じことをやれば危うい。その言葉の文化的背景や言葉のニュアンスを完全に理解できている訳ではないから。

だから、日本語で思い付いた内容を他言語に、その意図を正確に伝えられるように翻訳し直すということが必要になる。このせいで、言葉を発するまでに時間が掛かるから会話がスムーズに行かなくなる。

教授のような研究者でも外国語を話すのが苦手な人が多いのは、ここに原因があると思われる。と言うか、日本人の多くが英語をうまく使いこなせないのは、他国と比べて皆頭が良いからだね。

教育レベルが高いから、日本語での思考に縛られる。その複雑な思考や微妙なニュアンスを外国人に伝えたいと思う時、それを他言語に変換するのは非常に難しい。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP