閉所恐怖症には無理

前の続き。

山田に聞いた話ではあるが、閉所恐怖症の婆が過呼吸症候群になって、インストラクターが外に運んでいたそうだ。大変だね。つーか、そんなんなら洞窟とか入るなよな。

自分が洞窟に対して潜在的な恐怖感を持っているとか、自分自身でわからないもん?しかも海中の洞窟なんだから、更にやばいことぐらいわかっても良さそうなもんだけど。まあ、死ななくて何よりだ。

子連れだったようだから、子供にせがまれて仕方なく、かも知れないな。親は大変だ。洞窟は、奥まで行くと別の出口に出られる。こちらの方が近道だが、侵入するのに登るのが厳しい。帰り道に通って来るのが良いだろう。

この青の洞窟、金を払ってツアーで来るのは勿体ないような。普通にシュノーケルセットを持って行けば自分で来られる。ただ、ライトの道具とか、写真を撮ってくれるとか、そういうのはツアーのメリットではあるけど。

俺も海中で写真を撮るようにしようかな。使っていないスマホとガラケーがある。どちらも防水だけど、壊れても諦めはつくし。ジップロックに入れて海中へ持って行くことも考えている。綺麗には撮れないと思うがね。

満喫したし、戻るか。着替えて帰路へ着く。明日は山田を親族が泊まっているホテルに連れて行くだけなので、沖縄の観光自体は今日で終わり。釣りができなかったのが心残りだが、それはまたの機会に。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP