初日の夜は軽めで

前の続き。

こんな感じで次の店へ。2軒目「ふくろう亭」。ここは二度目だが、沖縄料理の中では非常にレベルが高いと思っている。小さい店なので予約した方が良い。今日は旧盆中日でオープンが遅く、明日のウークイは休みということだ。

ここの島らっきょう、ラフテーが俺は特に気に入っている。沖縄料理の有名店「ゆうなんぎい」の経営者とは友人らしいので、お互いに味を競っているところもあるのかも知れない。ラフテーは似たタイプだね。

あちらは食べログなどで評判になってしまっていつも観光客で行列になっているので、こちらの方が入りやすいと思う。向こうは瓶ビールだが、こちらは生ビールもあるし、甕出しの古酒も飲める。これもうまかったよ。

もう飯は良いので、3軒目、久茂地の「ぼんぢりや」。観光客には蛇口から出る泡盛を飲ませるのが定番だ。実際問題、沖縄が提供できる珍しいものと言えば、沖縄料理を食った後となれば、泡盛しかないしな。

良い古酒や様々な銘柄を飲み比べるのも有りだとは思うけど、これは観光客の楽しみ方。だって、沖縄県民はそんな飲み方普段全くしていないから。沖縄の風俗習慣を味わうならば、安酒をぐびぐびとやるべきだ。

ここで派手に呷って、半ば記憶を失いかけて、それでもぎりぎり正気の内に家に帰る。まだ初日の夜だからな、明日以降観光するわけで、ここでやり過ぎて明日が半日潰れるなんてのは避けなければならない。日を跨いだ頃には寝た。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP