街に出て書く

分裂、の続き。

お前みたいなゴミに構うほどなつさんも姉御も暇じゃないし、地元の瀬戸内海ぐらい心の広い方々だし、たぶん大丈夫だよ、安心して寝て良いぜ。いや、俺からそんな確実な保証はできないけどよ。

どうせなら、千載一遇のチャンスだし、雇われて内地に行って鉄砲玉になって来いよ。生き残れれば立身出世の道が開かれるぜ。大体、今のお前の命なんて羽根よりも軽いんだから、守るべきものもないだろ?

8月16日日曜、連日の飲みで動けず。一応記事書きなど。翌17日月曜もまだ回復せず。仕事に行く気もなく、家でだらだら。記事書きを終えたら本業も始めようと思うが、9月からになるな。今月は夏休み、ということで。

18日、19日も家で書く。が、時々記事書きも袋小路に入ってしまうことがある。俺の場合、書くネタがなくなる訳ではなく、だんだん脇道に逸れて話題が増え過ぎて文がうまくまとまらなくなる。頭の中もごちゃごちゃしてくる。

そんな時は気分転換で街に出る。一人でカウンターで飲みながら、パソコンを開いてだらだらと。飲み屋でパソコンを開いている奴は今まで他に見たことがないが、これはなかなか良いよ、思いの外仕事が進む。

カフェでパソコンを弄っている奴はたくさんいるが、あれと同じ。家でやるよりも外の方が集中できたりする。ということで、1軒目、「琉炭」。泉崎の居酒屋で、沖縄料理がメインだが、他のものもいろいろある。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP