順張りと逆張り

宝籤売場の行列、の続き。

だが、パチ屋において人間を観察していると、順張りは非常に少ない。出た台が空いて飛びつくのはプロの真似事をしている糞餓鬼ばかりで、一般客はスルー。

ジジババは皆逆張りだ。糞嵌まりの台が大好き。翌日に逆張りするならともかく、当日の逆張りが好きな奴がどれほどいることか。これを考えると、宝籤売場のこの現象とパチ屋の状況との乖離は非常に興味深い。

売場も逆転の発想をしたらどうか。「当売場はオープン以来一度も高額当選したことがありません!そろそろ来るのではないでしょうか?!」、なんて謳い文句も悪くない気がするのだが。

パチンカスの逆張りジジババはこちらに飛びつくんじゃないのか?むしろ、俺の経験上、世の中には逆張りが好きな奴の方が遥かに多いから、この方が客が呼べる気がする。

ま、何にせよ、宝籤売場の行列は醜いよ。自分の能力を磨こうということを放棄した奴がやることだから。つまり、並んでいる奴は「自分は無能です」と書いた看板を首にぶら下げているようなものだ。

これに並ぶぐらいならパチ屋に並んだ方がまだまし。店選び、台選び、技術介入、知識介入、いくらでも手段はある。こう考えると、こんなところを読んでいるスロッカス諸君も、宝籤売場のゴミと比べればちょっとは上、ということか。

他のことをやった方が良いと思うけどね。

(終)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP